鎌倉シェアハウス1192

終わり無き挑戦。

れーじ

更新日:2013年04月18日(木) by れーじ 6 views


1192

しょーへーに、れーじの10年Visionが知りたいって言われたから書きます。

10年とかの単位じゃなく、人生単位で考えています。

俺が生まれてきた意味ってなんだ?
俺がこの世に貢献できる事ってなんだ?

「小林れーじ」という一人の人間の、人生の終わり無き目的。死ぬまでやり続ける事。

 

0→1のチカラを使って社会のシアワセに貢献し続ける事。」

 

社会における、自分が役立つ事のできる場所。

人よりも得意だと思う事、人ができないけど、俺ができると思った事。

それは、”無”から”有”を生み出す瞬間を創造すること。

この能力を社会の為に使い続ける事。
0→1が苦手な人、できない人のためになる事。

逆に1を100には苦手!

だから俺はシェアハウスを創った。

人に頼りすぎるのは悪い事?

全くそんなん感じねえ。

みんながいるから俺が生きれる。

俺は、常に生かされている。

でも

それでいい。

ニガテは頼ったらええ。

トクイは伸ばしたらええ。

頼られたら全力で人の為になればええ。

頼ったら全力でアリガトウを叫べばええ。

みんな、

いつもありがとう!!!

 

 

株式会社IPPOMEの経営理念

「”好き”でメシ食う人を増やす」

好きを仕事にする人のための一歩目の力になる事。
好きが無い人のために、まずは自らが楽しみ続ける事。
“憧れ”を世の中に創造し、”共に”未来を共有することで、
その人の夢や未来への希望すらも創る事。
それができたら次はその、「好き」になった事で、
世の中に貢献できる仕組みを創り上げるお手伝いをする事。WEBを通じて。
その人が「好き」でメシが食えるようになったらゴール。
そんな人が増えたら、世界はサイコーに個性豊かになって、
自らが得意な事、好きな事で150%力を発揮して生きてて、
世の中がもっと面白くなる事。
もっと世界がカラフルになること。

 

そのための10年Visionとして、

シェアハウスを鎌倉に文化として、根付かせる。

頼って、頼られて。そんな日本本来の在り方。

LINEとか、twitterとか、facebookもいいけど、なんかちげーべよ。

もっと、

もっとココロとココロの通じ合いをさ、その機会を増やそうぜ。

自分が困った時にさ、何があっても飛んで来てくれるような仲間を増やそうぜ。

そしたらさ、勝手に「好き」でメシが食えるようになると思うんだよね。

おお!それお前苦手なのか!じゃあ俺やるからさ!俺のこっちのニガテも手伝ってよ!ってね。

ホンキで頼って、ホンキで頼られて。

人の夢に、いいね!を叫び続けて。

どんなに壮大な夢だって、「できる!」思考の人が多ければゼッタイ叶う。

俺が、保証する。俺が証明する。

まずは身の回りの住人から、できる!っていうサイコーな思考を広げる。

好きでメシは食える!

大好きな土地だからこそ。

大好きといつまでも呼んでいたから!

俺もココロから頼るからさ!みんなもココロから俺を頼ってくれ!

今後も、人生のシェアハウスは、鎌倉に増やし続けます。

 

そんで、俺のパワーが一番出せる場所。

2015年7月までに、

0→1のチカラを使って、大好きな仲間と一緒に鎌倉にゲストハウス&カフェを創ります!

俺にできることは150%の力を使って立ち上げて、

みんなが得意なとこは150%チカラだしてもらってそれぞれが好きな事で輝いてて、

それが音楽であったり、それがWEBデザインであったり、それがヨガであったり、それがマッサージであったり、それが人生相談であったり、お酒を作る事であったり、旅をしてリポートすることであったり…

それぞれが好きな事をして毎日が過ごせればサイコー。

みんながいつも笑ってられる世界づくりのために、

僕は自分の出来る事で、社会のシアワセに貢献しつづけます。

 

 

長々と、読んで頂けた事に感謝。

アリガトウ